【簡単ストレスチェック付き】慢性的なストレスの悪影響

 

ストレス過多な環境に置かれていると感じる人、必見!

 

今回はトレーナー的な視点で見るストレスの悪影響を書いていきます✨

 

さらに前回の復習ですが、簡単にストレスをチェックする方法も載せています!

 

初めまして!

 

静岡市でパーソナルトレーナーとして活動しております、佐野悠人と申します!

 

今回の見出しはこんな感じ!✨

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・簡単ストレスチェック法5選

・注意⚠️慢性的なストレスの悪影響

・まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

簡単ストレスチェック5選

 

実は前回の記事でも書いておりますので復習です!

 

早速チェック法を載せていきます!

 

ストレスチェック法

 

この項目に3つ以上当てはまる場合、ストレス度が高めです⚠️

 

□背中や腰が痛くなる

□頭痛が多い

□立ちくらみが多くなる

□下痢、便秘が多い

□夢を見やすい、覚えている

 

意外と当てはまる方が多いのではないでしょうか?

 

さて、ここまでは前準備!

 

ここからが本番✨

 

⚠️注意!慢性的なストレスの悪影響

 

慢性的なストレス、とは、交感神経が不必要に働き続けている状態であり、これは自律神経の乱れになります。

 

まずは慢性的なストレスにより起きる症状を4つ紹介していきます!✨

  • 睡眠不足になる
  • 便秘、下痢になる
  • 痩せにくくなる
  • 疲れやすくなる

これらが起きている事は生活していく中で

気持ちの良いものではないですよね…

 

なぜこれらが起きるのか、考えてみましょう!✨

 

睡眠不足はなぜ?

 

副交感神経が働き体の中で睡眠のリズムが整う事で、深い睡眠、質の良い睡眠が訪れます。

 

逆に睡眠が浅くなり、質が悪くなると夢をみます。

 

そして、夢をみている途中に目が覚めてしまう事でチェック項目にある通り夢を覚えているのです!

 

ストレス、とは交感神経が強く働いている状態であり、慢性的なストレスは交感神経が働きすぎる事で副交感神経との切り替えができない、のです。

 

そのため、睡眠中にしっかりと副交感神経への切り替えができず、浅い睡眠、質の悪い睡眠となるのです…💦

 

残りは

  • 便秘、下痢になる
  • 痩せにくくなる
  • 疲れやすくなる

この3つですが、これらは実は全て同じものが原因になっているのです!

 

3つの原因は何?

 

これらの原因は消化不良です。

 

前回の記事で書いたように、ストレスとはすぐに逃げられるようにする為の準備なのです。

(まだの方はこちらから→前回の記事

 

「急いで逃げる為に準備をしなければならない!」

 

という時に、消化は後回しになります。

 

緊急事態にのんびり消化する必要はないですから!

 

リラックスしている時(副交感神経が働いている時)に、次の緊急事態の為に消化をして、エネルギーを作っておくのです!

 

交感神経からの切り替えがうまくできずリラックスできない

→消化不良が起きる

便秘、下痢になる

 

交感神経からの切り替えがうまくできずリラックスできない

→消化不良が起きる

→エネルギー不足になる

疲れやすくなる

 

交感神経からの切り替えがうまくできずリラックスできない

→消化不良が起きる

→エネルギー不足になる

→いざという時のためにエネルギーを溜め込む

痩せにくくなる

 

このような悪循環が起きるのです。

 

まとめ

 

このように慢性的に感じるストレスは体に様々な悪影響があります!

 

この記事を読んで「あ、自分ヤバいかも?」と思った方いませんか?

 

実はストレス解消には呼吸が効果的なのです!✨

 

気になる方はこちらの記事をご覧ください!💪

【ストレス過多な人へ】呼吸だけでリラックス効果を高める方法とは?

 

また、ストレスは運動でも発散できます!

 

もし運動不足も感じている!と言う方はぜひパーソナルトレーニングにお越しください!✨

 

お気軽にお問い合わせお待ちしております!

関連記事

  1. 深い睡眠へ誘うたった2つの習慣!

  2. 必殺!万能の呼吸法✨

  3. 【ストレス過多な人へ】呼吸だけでリラックス効果を高める方法と…

  4. 【8割が知らない】呼吸と姿勢のとても密接な関係とは?