水着になるならこれをやれ!ヒップアップ出来る筋トレ!

 

水着を着る季節になると気になる部分がありますよね…

 

くびれがない!

お尻が垂れている!

「まだ始めなくていっか!」で夏を迎えた

 

去年の夏にこんな思いをした方はこのブログ必見です!✨

 

初めまして!

静岡市でパーソナルトレーナーをしております、佐野悠人と申します!

 

今回は『ヒップアップ』出来る筋トレについて書いていきます!💪

 

『くびれ』の作り方が気になる方は前回のブログを!→【筋トレ】くびれを作れ!一番簡単な方法はこれだ!

 

今回の見出しはこんな感じ!

__________________________

・垂れてしまったお尻を上げるには

・お尻が上がる【自宅】筋トレ

・まとめ

__________________________

 

垂れてしまったお尻を上げるには

 

垂れてしまったお尻を上げるには、ズバリ!筋肉と姿勢!

 

もう少し具体的にすると、

 

筋肉の使い方を変える→姿勢が「変わる」→お尻が上がる!

 

大事なのは、「変える」ではなく「変わる」であると言うこと!

 

意識的に作った『綺麗な姿勢』は油断したら元の『カッコ悪い姿勢』に戻ります。

 

さらに、姿勢は積み重ねが現れるものですので、意識的に変えようとするとかなり疲れてしまします…💦

 

そこで、変えるのが『筋肉の使い方』なのです!✨

 

姿勢を崩してしまう要素は

筋肉の過収縮(力入りすぎ)筋肉が活性化されていない事による姿勢維持力不足筋肉が正しい使われ方をしておらず姿勢を崩す

など筋肉による部分が多いのです!なのです

 

その影響を強く受けるのがお尻」なのです💦

 

そのため、先程の

 

筋肉の使い方を変える→姿勢が変わる→お尻が上がる!

 

の構造が成り立つのです!✨

 

お尻が上がる【自宅】筋トレ!

 

さて、何が大事であるかわかったところで、早速筋トレに移りましょう!👍

 

今回紹介する二種目はすっごく簡単なもの!

 

デットリフト

 

ですが、ネットで検索して出てくるデットリフトとは少し違います。

 

やり方を紹介していきます!

 

step.1 畳んだタオルと縦1〜2畳のスペースを準備します!

step.2 畳んだタオルから、一足の半分(約10cm)離れた位置に『右足一本』で立ちます。

step.3 『骨盤が後傾しない』『背筋を曲げない』ように『左手』で地面のタオルを触ります。

step.4 これを10回繰り返します!

step.5 足と手を入れ替え、10回繰り返します!

 

point! 筋肉の使い方を変えるポイントはオレンジの文字の部分です!

point! 多少バランスが崩れても耐えることが大切です!耐えすぎは転倒の危険があります!

point! 左右10回ずつを1セットとし、3セットほど行いましょう!

 

骨盤が後傾気味の状態だとお尻は垂れて見えます。

 

そして、お尻の筋肉は骨盤を後継させてしまう筋肉です。

 

ですので、オレンジの字で書いているように、骨盤が前傾したままお尻の筋肉を使う感覚を筋肉自身に覚えてもらう必要があるのです!👍

 

種目ややり方によってはヒップアップのはずがヒップダウンになってしまう可能性もありますので要注意です!⚠️

 

この種目はすごく簡単で、道具も使わず、狭いスペースで高い効果が期待できる種目です!✨

 

夏までにヒップアップしたい方はぜひやってみてください!💪

 

まとめ

 

ヒップアップに大事な要素は…

 

筋肉と姿勢!

 

姿勢を崩してしまう要素は

筋肉の過収縮(力入りすぎ)筋肉が活性化されていない事による姿勢維持力不足筋肉が正しい使われ方をしておらず姿勢を崩す

などなど、筋肉によるものが多いです!

 

その影響を大きく受けるのがお尻です。

 

筋肉の使い方を変える→姿勢が変わる→お尻が上がる

 

この構図をぜひ作り出してみてください!

 

ヒップアップの種目は紹介したものだけではないです!

 

さらに精度を上げる為には、実際に自分はどんな姿勢が癖になっているのかを見極める必要があります!

 

更なる成果を期待する方はぜひ僕のパーソナルを体験してみてください✨

 

体験トレーニングのお申し込み、お問い合わせは下のボタンからお気軽にどうぞ!

ご予約

 

また、インスタグラムでも情報発信、DMでのお問い合わせ受付しておりますので、お気軽にどうぞ!💪

Instagram

 

関連記事

  1. 【筋トレ】効果的な筋トレをしたいなら知っておくべき2つのこと…

  2. 【ヒップアップにはこれ!】オススメの筋トレ種目。

  3. 〇〇が違う!成果の出るヒップアップ筋トレの2つのコツ!