体を整える腹式呼吸とは?

呼吸には様々な『可能性』があります!
例えば、肩こりが軽減されたり、腰痛予防になったり、ウエストを締めることができたり、、、かなりの力を持っています!

その『腹式呼吸』をどのように練習するのかについて紹介していきます。

その前に、腹式呼吸とは何かについても説明させてください。

どのように『何が』動いて、腹式呼吸で『なぜ』お腹が動くのか何となくイメージ出来ると実際に行う際の効果が変わっていきます!💪

胸式呼吸(胸が膨らむ呼吸)はイメージしやすいですよね!
肺に空気が入るから胸が膨らみます。
単純明快ですね!

逆に腹式呼吸はお腹に空気は『入りません』。

空気が入るのは同じ肺なのですが、その時呼吸に使われる筋肉『横隔膜』をうまく使えていると横隔膜は下がり内臓を押し出す事でお腹が膨らみます。

これが腹式呼吸と言われる呼吸法です。

腹式呼吸の練習法

次は練習方法です!
さて、練習方法ですが身体に余分な力は入っている状態はあまり望ましいものではありません。

立っている状態ではバランス取るためにもどうしても余分な力が入ってしまいます。
ですので、寝ている状態から始めるのがいいかと思います!
寝る前にもできますしね!

いきなりお腹脹めて呼吸してください!は難しいと思いますのでまず、吐くところから!

息を吐きながらお腹を凹ませていきます。
お腹の動きをしっかりと確認するためにお腹に手を置いた状態で始めるとやりやすいと思います!
もう何も出ないところまで息を吐き切ります。

吐き切ったところから、次は息を吸います。

先程凹んだ分、膨らんでくるのがわかるかと思います!

凹んだ状態から戻ってきているのに合わせて意識的にお腹を膨らませていきます。
これも吐くときと同じくお腹に手を当ててしっかりと確認していきましょう!
これに慣れてきたら、立った状態で行います。

立った状態に慣れてきたら、もう日常で使えるようになると思います。
あとは意識せずにできるようになるだけ!これは普段どれだけ意識して使ったかによりますが、そこまで時間はかからないと思います。

最後に練習方法をまとめていきます!

POINT① お腹に手を当てた状態で寝転がります。

② お腹を凹ませながら息を吐き切ります。

③ 息を吸います。このとき凹ませたお腹が膨らむのを確認しましょう!

④ 自然と膨らむ勢いに合わせて意識的にお腹を膨らませていきます。

⑤ ①~④を立った状態で行います。

⑥ 無意識にできるように練習していきます。

決して難しくはありません!絶対にできるようになるはずです!
ぜひ、練習してみてください!

実は、ここでは書ききれませんでしたが、腹式呼吸には更なる意識をする事があります!

それが出来るようになりますと、最初に書いたウエストのシェイプと肋骨のコントロールが格段に上手になります

もっと詳しく知りたい方は体験会でお待ちしております。

初回体験の申込み