【猫背の人必見】デブ見えも!?姿勢が悪い人に起きる影響とは?

 

猫背に悩んでいる方

同じ体重の周りと比べて太って見える方

 

必見です!

 

猫背には悪影響が多いです。

 

様々な不調を引き起こす猫背をしっかりとチェックしましょう!

 

初めまして、静岡市でパーソナルトレーナーをしております、佐野悠人と申します。

 

この記事では、猫背の人に多い影響と猫背になりやすい人のチェック方法を書いていきます。

 

今回の見出しはこんな感じ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猫背のデメリット

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 猫背のデメリット

 

猫背が引き起こす体の不調は様々。

 

見た目から、痛みまで…💦

 

見た目

  • お腹がたるんで見える(下腹部あたり)
  • 自信なさげに見える
  • 体全体が分厚く見える
  • 痩せにくさ

痛み

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 疲れやすさ

 

逆にメリットはあまりない印象です。

 

マーカーのついている部分が個人的に大きい部分だと思っています。

 

お腹のたるみ

 

お腹は骨を介さずに内臓がある為、守りを厚くする必要があります。

 

脂肪の役割はエネルギーの貯蓄だけではなく、内臓などを守る役割もあります!

 

その為自然とお腹には脂肪がつきやすくなるのですが、

 

脂肪のつきやすいお腹側が曲がって詰まっていれば自然とたるんで見えますよね…。

 

言葉で表現することがすごく難しいので、図にします

↓↓

 

このように、下腹部に脂肪が集まってしまうのです。

 

腰痛

 

猫背になる事で腰痛になる要因は大きく2つあります。

 

  1. 腰部(背骨の一番下)への負担がかなり大きくなる
  2. 背中の筋肉が緩み、腰部を守れなくなる

 

背骨はS字を描く事でクッションになり、腰部への負担を軽減しています。

 

猫背はそのS字を弱くしてしまうことで腰部へのクッションを失い、腰痛を引き起こします。

 

次に背中の筋肉ですが、猫背になり体が曲がった時、背中の筋肉が普段から使われる習慣ができていないと緩みます。

 

体が曲がりすぎている時、これ以上曲がりすぎないように守ろうと働きます。

 

ですが猫背が習慣になっているとその防御策が働いてくれなくなるのです…💦

 

怖いのはこの二つが同時に起きることで、腰痛が習慣になってしまう事なのです。

 

まとめ

 

今回は猫背がどのような不調を引き起こし、それはなぜなのか簡単に解説していきました。

 

猫背のままいることは自分を『綺麗』や『健康』から遠ざけていきます。

 

営業職の方や接客のある方などは特に見た目は重要になります。

 

自信なさげな見た目やカッコ悪いお腹は嫌ですよね…。

 

かといって無理に綺麗な姿勢を作ろうとすると、今でも疲れる仕事がさらに疲れる仕事に進化してしまいます。

 

次の記事では『猫背になりやすい人はどんな人?』をテーマに書いていきますので、ぜひ読んでみてください!✨

 

ではまた、他の記事でもお会いしましょう!

 

体験トレーニングも受付しておりますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせまで!💪

関連記事

  1. 【結婚式】パーソナルトレーニングの始め時は〇〇を出す時!

  2. 趣味全開!鬼滅見てきました!『自作鬼滅アートギャラリー(笑)…

  3. 筋トレを毎日やるのは正解?不正解?オススメは!?

  4. あなたの小顔マッサージが効果のない理由3選